岸基史ゼミ活動日誌

同志社大学経済学部岸ゼミナールです!里山きゃんぱす(奈良)での里山保全活動や物販活動など日々の活動を報告しています!

2022年 5月15日 活動報告

岸ゼミ3回生の山本です。


2022年5月15日の活動報告をさせていただきます。


参加者(敬称略)


4回生 洞 川内


3回生 蟹江 中原 山本



活動内容


・草刈り


・水路開通


・綿花の種植え


・トマトの種植え


・人参の雑草撤去







・草刈り

高山用水奥の草刈りをしました。

雑草が川にかぶさっており、それを刈ることでトンボが卵をそこに産むことができるそうです。

トンボに会えるのが楽しみです。






・水路開通

田植えに向け水を通すために水路に詰まっている泥の除去をしました。

最初はこんな感じで、全く水が通ってなかったです。


左の水を右に通すために、詰まっている泥を除去します。


こちら側に水が通ったら、高山用水に通すために、さらに棒などを用いて泥を掻き出します。


無事水路が開通しました!





・綿花の種植え

石灰などを撒き、こちらの種を6個ずつ、30cm感覚で植えました。

過去に同じ畑で小麦を植えた際

失敗してしまったので、今回は育ってくれるといいなと思います。



・トマトの種植え

西畑にフルティカというフルーツトマトの種を植えました。

トマトは種がとても小さく、数も少なかったので15分程度で完了しました。

少ない種から沢山の実がなるので楽しみです。

植えた箇所がわかるよう、藁で囲みました。







・人参の雑草撤去

人参の葉はまだ小さいですが

それ以上に周りに雑草が多かったので、手で地道に雑草を抜きました。

よもぎが人参の葉に比べてかなりしっかりしていたので、放置したら人参の成長の妨げになるであろうことが理解できました。

(写真撮り忘れてしまいました。すみません。)






活動内容は予定とかなり変わってしまいましたが、少ない人数ながらも多くのことが出来たので良かったです。




以上で活動報告を終わらせていただきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


2022年 5月8日 活動報告 種籾蒔きイベント

岸ゼミ3回生の中原です。

遅くなってしまいましたが、5月8日種籾蒔きイベントの報告をさせていただきます。

 

参加者(敬称略)

4回生 先本

3回生 馬場 蟹江 國谷 永田 中原 西 佐々木

 

活動内容

・野草採取

・天ぷら、お団子の調理

・種籾蒔き

・竹林整備

・サツマイモの畝づくり

 

・野草採取

 

 当日のイベントでまず行ったのは野草採取です。本イベントに参加していただいた皆様と一緒に里山きゃんぱす内で自生している野草を採取しました。

 

採れた野草はヨモギ、ワラビ、ウド、イタドリ、茶の葉でした。

 


・天ぷら、お団子の調理

 

 当日採取した野草を使用して、天ぷらとお団子を作りました。お団子はヨモギを混ぜたヨモギ団子です。

 

 加えて昨年、里山きゃんぱすで採れた緑米をふんだんに使用したご飯も提供させていただきました。緑米を使用したご飯はいつも好評で本イベントでも皆さま完食されていました。

 

お米は普段炊いているのですがどうしてもそこにおこげがついてしまいます。大人の味です。

 

 昼食後、種籾蒔きと竹林整備、サツマイモの畝づくりの3つのグループに分かれて活動を行いました。

 

・種籾蒔き

 

 

参加してくれた子供たちは種籾蒔きが終わった後少し名残惜しそうにしていました。

 

・竹林整備

 

 高山用水横に生えている淡竹の間引きを行いました。

 このように間引きを行うことで足場が改善されるだけでなく、淡竹の管理がしやすくなります。

 

・サツマイモの畝づくり

 

 サツマイモの畝づくりはゼミ生と本日イベントに参加してくれた実践経済学の受講生と行いました。

 短い時間でしたが、二畝作ることができました。参加してくれた受講生の皆さんに感謝です。近いうちにこの畝にサツマイモの苗を植える予定です。

 

以上が5月8日の活動報告になります。

 

 当日はお日柄にも恵まれイベント日和でした。参加して下さった皆様に感謝申し上げます。

 

 次回は6月19日に田植えイベントを行います。多くのご参加を心よりお待ちしております。

2022年 4月17日活動報告

岸ゼミ3回生の川合です。

2022年4月17日の活動報告をさせていただきます。

 

参加者(敬称略)

4回生 先本

3回生 蟹江 川合 中原 大杉 西 山本

 

活動内容

・稲作・畑準備

・ニンジン種まき

・タケノコ掘り

 

 

 

・稲作・畑準備

 

今年は古田と奥田と木下田で田植えを行うので、そのための準備をしました。

 

 

水が流れていかないように土手を作ったり、

 

 

荒おこしをして、そこに水を流したりしました。

とても大変な作業でしたが、どうすればより効率的にできるかを各自で考えて作業を行ったので、思ったよりも早く終わらせることができました。

 

 

・ニンジン種まき

 

雷田でカレーの材料を作ろう!という提案があったため、雷田にニンジンの種をまきました。

自分はその間土手を作っていたので、直接種まきにはかかわってはいませんが、休憩がてら撮った写真を載せておきます。

 

 

自分がブログ当番だということを自覚することで、いつも以上に周りを気にかけることができ、より全体を把握することができた思います。

 

 

・タケノコ掘り

 

里山きゃんぱすの奥へ行くと竹林があります。そこにはこの時期、タケノコがたくさん生えているので、竹林整備のために参加してくださった子供たちと一緒にタケノコ堀りをしました。

 

 

子供たちの体力は無限で、蜘蛛の巣も気にせず、木の枝をかき分けてどんどん先へ進んで行っていたので、普段ろくに運動もしていない大学生はついていくのに精一杯でした。怪我がなくて本当に良かったです。

 

 

子供たちが頑張った甲斐もあり、タケノコは大量でした!!

2時間探して1本しか見つからなかった時もあったと聞いて、採れるかどうか不安でしたが、多すぎて持ちきれないほどでした。

写真は途中で撮ったものなので、実際にはこの2倍くらいあったと思います。

 

 

採れたものの中で一番大きかったものがこれです。でかすぎて竹。

 

 

タケノコ掘りを通して子供たちとの交流もでき、とても楽しく充実した時間となりました!

参加してくださったご家族の皆様、ありがとうございました。

 

 

以上で活動報告を終わらせていただきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

2022年 4月10日 活動報告 New Comer

 岸ゼミ3回生の蟹江です。2022年4月10日の活動報告をさせて頂きます。

 

 まず活動報告の前に、岸ゼミに新メンバーが入ったことをお伝えします。新メンバーを迎え、本年度も里山を盛り上げていく次第です。

 

 活動内容

・にんにく 玉ねぎ畑の草むしり

・広田 古田の竹の焼却

・薪の運搬

 

 今回は、にんにく畑の草むしりと、春にやり残した竹の焼却と薪の運搬を行いました。

新メンバーを迎えたということで、早速作業を行ってもらいました。最近は4月上旬にもかかわらず、初夏並みの気温になる日が多く、この日も最高気温が25℃という気温の中での作業となりました。また、里山は日照りが強いので、気温以上に暑さを感じました。

 

 このような気温の中で行う焼却作業はかなりキツく、新人は大丈夫か?と思っていたのも束の間、暑さに負けずに他のゼミ生と遜色ない程に作業をこなしていました。逆に、心配していた私自身が着ていた服が黒かったので熱を余すことなく吸収してしまい、暑さに負けて少し体調を崩してしまいました、気温に合わせて着る服を考え、少しでも異変を感じたら水分を摂りましょう。

 しかしながら、新人のゼミ生を含めた他のゼミ生が活躍してくれて、草むしり、大半の竹の焼却、薪の運搬を終えることができました。

 

 最後に

 暑い気候の中で作業をして思いましたが、冬に焼却作業を行うことの重要性が如実に分かりました。あれは暑い時にするものではありません。寒いうちにやっておきましょう。

 

 また、畑は雑草が生えないように毎回畑の状態に目を配っていこうと思いました。雑草の下ににんにくの葉が埋まっていたりと、作物の成長にも影響してしまいます。しかし、何と言ってもこのように手間隙をかけて作った野菜はさぞ美味しいだろうと考えると、このような日常的な手入れも楽しみになり、励みになります。

 

 活動報告は以上となります、読んでいただき、誠にありがとうございました。

P.S 気温の変化には注意しましょう。

2022年 3月27日 活動報告 芽生え

岸ゼミ2回生の蟹江です。3月27日の活動報告をさせていただきます。

 

 

参加者(敬称略)

3回生 先本

2回生 馬場 蟹江

 

活動内容

椎茸の菌打ち(前回の続き)

高山用水のヘドロ除去作業

たけのこ捜索

スナップエンドウの確認

 

・椎茸の菌打ち

前回の野草観察会で参加者の皆様に椎茸の菌打ちを体験して頂きましたが、実は畑の奥の土地に原木の在庫が残っていたため、まず最初にその原木に菌打ちをしました。

菌打ち中に聞いた岸さんの話によると、原木椎茸は一本の原木から数年、大きい原木なら10年生えてくるとのことです、これからは一家に一本原木の時代ですね。僕も家に欲しいくらいです。

 

・高山用水のヘドロ除去作業

f:id:kisizemi:20220402002352p:plain

高山用水

ご覧の通り、高山用水にヘドロが溜まってしまったため、ヘドロ除去作業を行いました。

スコップでヘドロを持ち上げようとするとかなり重く、かなりのヘドロが溜まっていることがわかりました。このヘドロを取っていると、中に赤虫やミミズが見られました。

流石に全ては除去できなかったので、4月3日にまた作業をしようと思います。

また、一般的にあまりいいイメージを持たれていないヘドロですが、実はヘドロは栄養が豊富で、乾燥させると肥料として使用できるとのことで、このヘドロがどのような作物を栽培するのに適しているか知りたくなりました。

 

・たけのこ捜索

この時期になるとたけのこ掘りができるとのことで、たけのこ掘りに行きました。

前情報では、イノシシが掘り起こして食べてしまったという話で、探す前から期待薄。。。

しかし、やってみなきゃ分からない、雑念を振り払うようにオリーブ園奥の竹林、ハイキングコースに隣接している竹林と、手当たり次第たけのこを探しました。

で、結果は一本も取れず。掘り返された土とたけのこの皮だけが残っていました。

f:id:kisizemi:20220402002134p:plain

たけのこ捜索中に見つけたカエル(種類不明)

 

ただ、なんの収穫もなかったわけではなく、竹林の中で一匹のカエルを見つけました。

一瞬アマガエルか?と思ったのですが、山にアマガエルがいるか?と疑問になったため、

ネットで検索してみたところ、そもそもアマガエルには鼻から耳の方にかけて茶色い筋が入っているという特徴があるため、アマガエルではないと判断できそうです。

このカエルは一体なんだったのでしょうか、有識者の方のコメントを頂きたいです。

 

スナップエンドウの確認

 昨年12月に、2回生がスナップエンドウを植えた話を覚えていますでしょうか?

これまで確認をしてきたのですが生えてくる様子がなかったため、生えてこないのでは?と考えたり、希望が潰えかけていましたが、そのスナップエンドウがとうとう芽生えました、

それがこちら ↓ ↓ ↓

 

 

f:id:kisizemi:20220402002153p:plain

ついに芽生えたスナップエンドウ(つるあり)

 

この茎の立ち方、かなり立派に育ってきているのではないでしょうか。

このエンドウはつるありの品種で、成長した際につるが巻き付くための場所が必要になるため、竹や稲藁を使って支柱を立てました。また、追肥と、エンドウの周辺に生えたヨモギに栄養を取られないようにするため、ヨモギの除去も行いました。

 

f:id:kisizemi:20220402002313p:plain

ヨモギを刈った後の追肥

f:id:kisizemi:20220402002333p:plain

支柱の完成

 

このように、竹を立て、稲わらを吊るしておくと、エンドウのつるが巻きつくそうです。

つるが巻きつくための支柱も立て、あとはこのまま順調にエンドウが実るのを待つのみです。

 

最後に、、、

新学期が始まります。今学期から僕達2回生は3回生となり、イベントを企画・運営する立場となるため、この里山で楽しんでいただけるよう、より一層精進していこうと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

3月20日活動報告

岸ゼミ2回生の大杉です。3月20日の活動報告をさせていただきます。

 

参加者(敬称略)

4回生 洞 田中

3回生 川内

2回生 蟹江 中原 西 大杉

活動内容 

野草観察会

椎茸となめこの菌打ち

トイレの屋根張替え

汲み取り式トイレの設置

 

・野草観察会

20日のメインイベントは野草観察会です!

 奈良自然観察会の方々のご指導の下で、食べられる植物の説明や調理の仕方などの説明を聞きながら、実際に野草を採取し、天ぷらにして美味しく頂きました。

 取った野草は、主に、ほとけのざ、れんげ よもぎ、たんぽぽ、すいば、あざみ、おおばこ、カラスノエンドウです!

f:id:kisizemi:20220327133234j:plain

 これらの野草の調理法は、他にもいろいろあるのですが、手間がかかることを考えると、天ぷらが一番手っ取り早くて、美味しいそうです。

 

・椎茸の菌打ち

椎茸の菌打ちは、木に穴をあけて、木づちで 棒状の菌を埋め込んでいきます!

打ち込んだ菌の数は、軽く1000を超えます。多すぎて全部はできませんでしたが、イベントに来てくれた方々と共に打ち込みました!

この打った菌が、今回とれた椎茸やなめこになります!

f:id:kisizemi:20220327133724j:plain

打った菌たちがこのように育つことを楽しみに待ちましょう!

 

・汲み取り式トイレ

f:id:kisizemi:20220327134602j:plain

トイレの屋根の張替え作業です!

足場が不安定でかなり恐怖を感じながらの作業でした!

今回でトイレは完成したとのことなので、次に里山に来た時にどんな感じなのか是非見てください!

 

最後に集合写真を載せて、20日の活動報告を終了させていただきます!

イベントに来てくださった方々、奈良自然観察会の皆様、本当にありがとうございました!

カンパもありがとうございました!トイレの屋根と天ぷらの油に使用しました!

これからの活動にも参加していただけることを心よりお待ちしております!

f:id:kisizemi:20220327135341j:plain

 

2022年 3月13日 活動報告 DIYその2 

こんにちは!岸ゼミ2回の永田です。

3月13日の活動報告をさせていただきます。

 

参加者(敬称略)

3回生 川内

2回生 蟹江 永田

 

活動内容

DIYその2

●入り畑 草刈り(ジャガイモの植え付け準備)

 

DIYその2

2月20日DIYではトイレの壁を作りましたが、今日はその続きです!

山本さんと岸さん指導のもと、それぞれのブロックの高さが平行になるように埋め、

前回のDIYで作成した壁を立てて、セメントを流しこみ、固定させます。

f:id:kisizemi:20220318113536j:plain

f:id:kisizemi:20220318113734j:plain

そこから釘とトンカチを使って板を張り付けていきます。

釘打ちの方法など、大工の山本さんのレクチャーを受けていざ挑戦!

f:id:kisizemi:20220318113946j:plain

木の節や割れを避けて、打ちまくること約2時間。

(最初は私一人でやっていたため時間がかかったのですが、途中から複数人でやってスピードアップ!協力って大事ですね。あと私、この数時間で釘打ちがかなり上達しました。)

ようやく完成!

f:id:kisizemi:20220318114202j:plain

f:id:kisizemi:20220318114244j:plain


トイレの外装はこんな感じですね!

ただし中は何もできていないので、完全に出来上がるのはまだ先になりそうです。

私たちが板を張り付けている間に、山本さんは屋根と入口を取り付けてくださりました。ありがとうございました!

 

●入り畑 草刈りなど(ジャガイモの植え付け準備)

私たちがトイレの外装を作っている間に、岸さんが入り畑の草刈りをしてくださりました。地域の子どもさんたちとジャガイモの植え付け準備を進めていきます。

f:id:kisizemi:20220318114326j:plain

↑↑↑↑ 刈った草を運んでくれている様子です。

   助かりました!ありがとうございました!

 

最後に、来週は野草観察会のイベントがあります。

ぜひぜひ皆様お越しください!