岸基史ゼミ活動日誌

同志社大学経済学部岸ゼミナールです!里山きゃんぱす(奈良)での里山保全活動や物販活動など日々の活動を報告しています!

2024年2月18日 梅林と茶筅竹

皆さんこんにちは、岸ゼミ3回生の笹本です。

 

現在、このブログを同志社今出川キャンパスで書いているのですが、

どこも閑散として落ち着いています。意外と心地いいです。

京都市内をあまりうろつく機会が春休みになっても増えていないので、

大文字山でも登ってこようかなア。

4回生のうちに京都1周トレイルをしたいです。

 

では活動報告へと移ります。

 

参加者

3回生:笹本 松浦 吹戸 祇園 傳馬 上杉 + ゼミ生の友人

4回生:蟹江

 

そのほか、尾山さん、有山さん、頻繁に来てくれる、

地域の親御さんもいらっしゃいました。

 

活動内容

 梅林下草刈り

 茶筅竹の単位化

 

 

 まずは、梅林の下草刈りから。

 以前草を刈った畑の奥に梅林があり、ここをながらく手を付けていなかったので

ここに着手しました。

 写真を見てわかるように、草が生い茂っています。そして、その草に隠れて、蔓が絡まっていたり、何の木かはわからなかったですが、妙にくねくねしている木がありました。これが、だいぶ太くなっているとともに、蔓と梅の枝に絡まって取り出すのに、ものすごく苦労しました。

 ある程度刈り終わった梅林の様子です。ちらほら笹が生えているのですが、これを後回しにして、できるだけ大きなものを取り払うようにしていました。

 作業を進めていく中で、あることに気づきました。それは、梅がほとんど朽ちていること。もちろん花を咲かせているやつもありましたが、幹の中が朽ちて、ボロボロになっているものが多数。

 途中で松浦がクワガタの成虫の幼虫を見つけ出すほど。

 やはり定期的な管理が求められます。

上の写真がその時に見つけたクワガタです。

 こちらが梅林の半分を刈り終わったときの写真です。

 奥のベースキャンプが見えますね。

 

最後にこちらが、帰り際に梅林を撮った写真です。

ベース側から見たものですが、意外と奥まで見渡せるほどになっている光景が分かりますね。草刈りでは茨もだいぶ大きくなっていたので、腕や足に刺さりまくりました。

茨の道に入り込むのは要注意。そこには自然の有刺鉄線が張ってあります。

 

 茶筅竹も作業をしてもらっていたのですが、写真を撮り損ねていましたので、割愛です。ちゃんと写真を撮っておくように言うべきでした。

 今年は茶筅竹がだいぶ取れました。これだけで売り上げはどれくらいになるのやら。

 

 またこれも写真はないですが、椎茸がだいぶ大きくなっていたので、祇園が椎茸を焼いてふるまってくれました。

 取れたてのモノをその場で食べる。うまかったですねえ。

 

というわけで、活動報告を終えます。

最後まで、ご覧いただきありがとうございました。

里山きゃんぱすの昆虫(2023/6/3)

お久しぶりです。岸ゼミ3回生の松浦です。

今年最初の昆虫図鑑ということで、超今更ですが抱負でも語っておきます。

昆虫を紹介していて思うのですが、写真が見づらいですよね。こうやってブログに載せることを想定していなかったので、適当に撮っていたんです。(言い訳)

僕としても、同定しづらいので非常に困っています。

ということで、今年の抱負は「見やすい写真を撮る」です!

まあ、しばらくは去年撮った見づらい写真が続くのですが…

 

【今回の昆虫】

クロモンサシガメ、コガネムシナミアゲハベニシジミナナホシテントウ、キイロトラカミキリ (計6種)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

種名:クロモンサシガメ

分類:カメムシ目サシガメ科

体長:12~15mm

時期:5~9月

 

クロモンサシガメはカメムシの仲間です。中でも、サシガメという分類に属していて、その名の通り刺してきます。なので不用意に触らないようにしましょう。カメムシが刺してくる?と、疑問に思う方もいるかもしれないので、一応説明しておきますね。

カメムシの仲間は、一本の針のような口を持っています。それを、植物やほかの昆虫などに突き刺して汁を吸います。普通のカメムシは基本的に草食で、刺してくることはめったにないですが、サシガメは肉食で、普通に刺してきます。僕は刺されたことはありませんが、結構痛いらしいです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

種名:コガネムシ

分類:コウチュウ目コガネムシ

体長:17~23mm

時期:4~10月

 

何の捻りもない名前ですね。

こいつを含め、コガネムシの仲間は園芸害虫として知られています。カナブンと見分けるポイントは、口と羽の付け根にある三角形の形です。テストに出るので覚えておきましょう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

種名:ナミアゲハ

分類:チョウ目アゲハチョウ科

開張:65~90mm

時期:4~10月

 

アゲハチョウと言えば、このナミアゲハ。美しいですね。

アゲハチョウ科の特徴として、後翅にある尾状突起と呼ばれるしっぽのような部分があります。これがないアゲハチョウ科や、アゲハチョウ科以外の種類で尾状突起を持つものもいますが。

アゲハチョウの幼虫はミカン科の植物を食べるのですが、里山にある、同じくミカン科の橘に幼虫がついているのを見たことがありません。何故??

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

種名:ベニシジミ

分類:チョウ目シジミチョウ科

開張:25~35mm

時期:4~11月

 

特に説明することがない…

まあ、普通種です。皆さんも一度は見たことがあるでしょう。

チョウやトンボなど、飛ぶ昆虫の撮影は難しく、いつも苦労しています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

種名:ナナホシテントウ

分類:コウチュウ目テントウムシ

開張:5~9mm

時期:3~11月

 

皆さんご存じのテントウムシです。写真では1つ隠れてしまっていますが、その名の通り、背中に7つの星(黒い点)があります。かわいい見た目をしていますが、肉食です。幼虫・成虫共にアブラムシを食べます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

種名:キイロトラカミキリ

分類:コウチュウ目カミキリムシ科

開張:13~21mm

時期:5~8月

 

産卵のため、伐採された木や枯れ木にいることが多いです。こいつも薪が積んであるところにいました。

幼虫は、クヌギやコナラなどの枯れ木を食べます。冬に薪割りをすると、キイロトラカミキリの幼虫を含め、色々なカミキリムシの幼虫が出てくるのでおもしろいです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【これまでに見つけた昆虫】

合計・・・10種

2024年2月11日 奥の広場整備

皆さんこんにちは。岸ゼミ3回生の笹本です。

 

このマクラを毎度考えているのですが、一番これが悩みます。

岸ゼミのブログは構成がぼんやりと決まっていて

①マクラ ②参加者と活動内容の概要 ③活動の詳細 ④終わりに

となっているのですが、一番考える時間をかけるのがマクラ。

近況報告でも構わないのですが、何か里山に絡めたいと思うと

タイプが進まない。かといってブログの日が近いとネタが薄くなる。

上記の内容もなんとか絞って書いたものです。

今度から自分が読んだ本の感想でも書こうかなあ。

 

では、活動報告へと移ります

 

参加者

3回生:笹本 松浦 吹戸 竹内 三木

4回生:蟹江

 

活動内容

茶筅竹の確保

奥の広場整備

 

冬に入り、最近はガンガン竹を燃やす日が続いております。

ましてや以前切った竹が残っている状態。これを放置すると場所をとって

邪魔になる。そんなわけで燃やさざるを得ないのです。

また、冬の恒例行事の茶筅竹の確保も忘れてはいけません。

これを売ることで里山きゃんぱすの運営に少しでも予算を確保します。

 

今回は奥の広場が活動場所のメインです。

この写真は今回の活動で撮った写真ではございません。

ビフォーの写真を撮り損ねましたので、ビフォーのイメージがしやすいように再度貼り付けています。

竹がうじゃうじゃ生えていることが分かってもらえれば。

これも前回の活動の時の写真です。(イメージビフォー)

 

ここにあった竹をひたすらに燃やしていきます。

奥の広場は管理がここ最近行き届いておらず、孟宗竹や淡竹が茂っていました。

これを伐採しない限りは昔のいわゆる「雑木林」の景観は確保されないと思います。

 

こちらは先ほどの写真をもう少し俯瞰的にとったもの。

あまり竹が無いように感じると思いますが、ここには相当なバイオマスエネルギーがあったのでした。本当に竹は繁殖力が桁違いです。

燃やしている写真

これは先ほどの竹が燃え尽き、炭や灰になっている写真です。

炭は竹が燃えているよりも相当に熱い。

中にまで空気を通そうとレーキで搔こうとしたら、熱すぎて近づけないほどです。

(これは本当)

昔に製鉄でバイオマスがなぜ使われていたのかを感覚的に知るきっかけとなりました。

 

そして最終的にはこのようにだいぶきれいになりました

これはアフターの写真です。ビフォーは下のようになっています。

笹やほかのセイタカアワダチソウなどが切れたのですっきりしましたね。

ちょっと暗くてわかりにくいかもしれませんが、この手前にある土手の上にも竹が生えていました。これを切ってこの広場にも陽が入るようにしたのです。

 

というわけで、毎週竹と火と格闘しながら、雑木林整備をしています。

以前茶筅を買い取ってもらっている稲田さんに話を聞くと

「もうそろそろ枯れるのでは」とのこと。

竹が枯れてくれるのは悪いことではないが、その竹は立ち枯れで、それを結局切らなくてはいけないので、やはり、竹とは向き合っていかないと行けなさそう。

 

以上活動報告でした。

最後までありがとうございました。

 

2024年2月9日 薪、茶筅竹の確保

皆さんこんにちは、岸ゼミナールもうそろそろ4回生の笹本です。

 

今週の日曜日(2月4日)は活動がなく、自分はその代わりに里山に行きました。

里山の気候はなかなか温かく、今残っている竹などを燃やしたいのですが、寒くないので、その気が起きません。

また、自分事ですが、先日、高校の同級生と旅行に行ったのですが、そこで見つけた面白いもの。

サステナブルな酒造りに取り組む神戸酒心館が世界初カーボンゼロの日本酒を販売|CSR|神戸酒心館 (shushinkan.co.jp)

カーボンニュートラルなお酒があり、これはすごいなあと感心しました。

本当は灘で日本酒を買いたかったのですが、時間もなく行けませんでした。

(上のカーボンニュートラルのお酒を言いたかっただけで、ここまでマクラを引き延ばしました。)

 

では活動報告です。

 

参加者:笹本

  エコワク生一人

 

活動内容

 原木切り

 茶筅竹確保

 奥の広場整備

 

本日の活動は自分が久しぶりに里山に行きたかったということで、

岸さんと急遽行くことにしました。

最近は里山に1週間いかなかっただけで、1か月ぐらい行ってないような感覚に襲われ始めています。

 

本日は以前切った原木で榾木とならない太いサイズのものを薪として使えるようにちょうどいいサイズに切り分けました。

ちょうどいいサイズとは?大体30センチから40センチぐらいでしょうか。

上の写真のように、倒した樹から、手前に移っているサイズぐらいに切るのです。

どうやって切るのかは人力で。

このようにギコギコとします。

写真には写っていないですが、この後薪割りもしています。

 

その後に茶筅竹の確保と、高山用水の奥にある広場を整備しました。

以前は雑木林が見渡せるほどきれいだったそうですが、今は竹がその斜面を覆っているため、それを切り倒しました。

切ってもまだまだ竹はのこっています。人数が多い時にしないといけませんね。

斜面にある竹は切るのが厄介であり、かつ、やけに背丈が高いし重い。かといって薪にしようとするとすぐに燃え尽きてしまう。

使うとしたら、竹食器ぐらい?なにかいい方法はないものでしょうか?

 

というわけで、本日の活動は以上です。

最後にエコワク生が見つけてくれた衝撃の写真を。

なんだ。セミの抜け殻かというものではありません。

セミの幼虫です。それもこの時期にです。

今年度の冬が温かったことは言うまでもないですが、ここまでになっているとは。

気候問題が小さなところでも起きつつあることを実感した出来事でした。

 

以上最後までご覧いただきありがとうございました。

2024年 1月28日 茶筅竹整備

 皆さんこんにちは、岸ゼミナール3回生の笹本です。

 

 本日、1月28日で秋学期の授業が終わります。

 春休みに突入し、時間も取れますので、何をしようか悩みますね。

 ゼミナールの座学の授業もなくなりますので、今後の計画もしっかり立てなくては

いけないと思います。

 

 では、活動報告です。

 

 参加者

 3回生:笹本 斎田

 エコワク生+1人

 

 活動内容

 茶筅竹の確保

 

 本日は以前整備した竹林に入り、使える茶筅竹を切り出しました。

 下の写真はビフォーです。

 これでもだいぶすっきりしているように感じますね。

 この中から、茶筅竹に使えるものを選び切り出していきます。

 サイズとしてはおよそ、竹の直径が2cmより大きく、3cmよりも小さいもの

を切り出していきます。(多分このサイズです。)

 これらを切り出して、この場所の外に運び出します。

 以下の写真は切り出した後の写真です。

 大体竹の間の間隔が「傘をさして人が通れるぐらい」に、

言い換えると、「人が両腕を横に伸ばして通れるぐらい」に切りました。

 ビフォーと比べるとちょっとわかりにくいかもしれませんが、だいぶ切りました。

100本以上は取り出しているでしょう。

 

 昼休憩をとった後、この茶筅竹を買い取ってくださる稲田さんがいるということで

「翠竹園」に向かいました。

 岸さんの車に切り出した竹をのせて運びます。

 竹を納品し、その中から使えるものだけを買い取ってもらえるのです。

 あまり傷がつかないように、また、虫が食べた竹はあまりよろしくないようです。

  稲田さんに話を聞くと竹の「密度が大きいほど」、「枝が上に合って節が多いほど」使いやすいということです。

 竹を納品する際におよそ160cmぐらいに切りそろえるのです。

 その1本に重みがあるほど(竹の繊維がぎっしり詰まっている?)使いやすいということらしいです。また、枝が上にあるほど、つまり、竹を切りそろえたとき、それに枝がなければ茶筅として使える竹が多いのでこの竹の方がいいとのことでした。

 この後、留学生のエリースさんもいたので、竹林公園に行きました。

 この写真に写っているのはゼミ生の斎田です。

(竹林公園の内部)

茶筅の細かい分類です。

(奥から手前に向かうほどに茶筅になっていきます)

 

 以上、活動内容でした。

 イベントも終わり、まったりとした日曜日でした。

 最後までありがとうございました。

 

 おまけ

 高山用水をこえた榾木にまた、なめこが生え始めていました。

これは昨日に撮った写真ですが、採れごろのものもまちまちありましたので、次週の活動で小さいものがちょうどいい大きさになっているかもしれませんね。

2024年 1月21日  七草粥イベント

皆さんこんにちは、岸ゼミ3回生の笹本です。

 

大学の授業も残り1週間となりました。

3回生とはじめに書いていますが、春休みを除けばもうすぐ4回生。

光陰矢の如し。

 

では活動内容へと移ります。

 

参加者

3回生:笹本 吹戸 松浦 祇園 竹内 横井 上杉 竹内 三木 傳馬

    赤松 原口 斎田

4回生:蟹江

エコワク生:二人

 

今回、有山さん、大阪の自然観察会の方、経済学部父母会から井上さん、

そして地域の方がご参加くださいました。

ありがとうございました。

 

活動内容

・七草採集

七草粥の提供

・とんど焼き

 

本日は毎年恒例(?)の七草粥どんど焼きイベントです。

その詳細について軽く説明しておきます。

七草粥とは人日の節句(毎年1月7日)の朝にその1年を病気せず元気でいられるよことを願って食べる日本の伝統食。正月の祝膳と祝酒で弱った胃を休めるために食べるとも言われている。(松浦作成:「七草粥いべんとはんどぶっく」から引用してます)」

 七草は「セリ・ナズナゴギョウハコベラホトケノザスズナスズシロ」の7つです。(以下の写真参照)

どんど焼きのルーツは諸説あるが、1300年前の飛鳥時代まで遡る。地域によって呼び方は様々で、おびね焼きやほうげんきょう、さぎっちょなどがある。どんど焼きは、お正月にお迎えした年神様が煙とともにお帰りになるのを、感謝を込めてお見送りするための行事のこと。またどんど焼きの煙や火の粉にあたることで無病息災や家内安全がかなうとされており、新しい年の幸せを祈願する行事である。(上掲引用)」

 

というように毎年参加してくださる地域の方々やゼミ生の新年の幸せを祈願するものであるといってもよい行事なのです。

 

以下松浦が作ってくれたはんどぶっくの写真です。

ページ番号がずれているのは両面印刷用に作られたものでしたので、お気になさらず。



 

では順次報告へと移っていきます。


まずは開会式。

(ゼミ生は開会式前に9時30分ごろから集まり、準備をしていました。

しかし、写真がないのでそこは割愛。)

毎度のごとく、自分の覇気のない挨拶から始まります。

口から出まかせ(というわけではないですが)に任せてその後岸さん、

有山さんと続きメインの七草採集へ。

今年も無事に七草すべてを採集することができました。

スズナスズシロに関しましては自生することがほとんどないので、ゼミ生が種から育てて畑に植えているものを使っています。)

ゼミ生が教えて、それを参加者が必死に目を凝らして探す。

去年はゼミ生はてんやわんやでしたが、今年はきっちり(?)教えられる。

自分たちも伊達に学生をしておりませんね。

 

七草を採集し終えた後は、竹食器・竹箸作りへ

安全を確認しながら、参加者の皆さんに自分で食器を作っていただきます。

子供も大人も一緒に作る。共同作業です。

(天気が午前中はあいにくの曇りでしたのでテントの中で行いました。)



 

こちらは岸さんが箸のつくり方を教えている様子。

 

それが終わったら七草粥をついに食べることができるのです。



写真に写っている釜を使って、2升ほどの白米を炊いています。

白米は有山さんから頂いたものですが、これを炊くために使う薪はすべて

里山産。白米も有山さんとミドリ米を交換するので里山産といっても過言ではない。

ということは七草粥はすべて里山でまるっと完結しているのです。

 そのほかにも味噌汁を作りました。

 

昼休憩に入り、参加者ゼミ生はゆったりと食事へ移ります。

参加してくれたエコワク生2人。

写真を撮る際、顔を伏せたのは気のせいか?

 自分は味噌汁は食べれませんでしたが、七草粥はその塩加減がちょうどよかったので

おいしかったです。

 

 昼休憩をはさんだ後は、どんど焼き

どんど焼き班が支柱を立てて、本格的なものを作ってくれました。

もちろん本当のどんど焼きはもっと高いものがあります。
しかし、これ以上の高さになるとさすがに危険。

というわけでこれぐらいの高さになりました。

この支柱が燃え終わると、残っている熱源でいつも通り、作業で出てきた竹を燃やします。

こっちの方が火力が高そうですって?

まあこっちの方が燃料を大量に投下できますので、そうなるのでしょう。

どんど焼きは上に、野焼きはどこに?三角錐を作るような芸術の方面に?

 

そしてこの時、自分の身にアクシデントが起きました。

燃やしているものは竹。

竹の葉は軽く風に乗って少し飛ぶ。

とんだ先は自分の背中。

自分の上着、インナー、シャツ、の3枚を貫通しました。

貫通といっても棘のようにではありません。

服が溶けました。幸いやけどはおっていないですが。

危ない、危ない。

 

参加者の井上さんも竹運びに参加してくれました。

軽そうに運ぶ竹も持ってみると重いのです。

 

他にも子供たちが別の場所に小さい火を作り、

その回りでマシュマロを焼くなどしていました。

 

そして2時ごろに少し早めですが、イベントは終了しました。

イベントに参加してくださった皆さんありがとうございました!

 

次回のイベントは3月16日、里山きゃんぱすの外であります。

詳細はのちのブログで説明します。

 

最後までありがとうございました。

2024年 1月15日 竹林整備 草刈り

皆さん、こんにちは。岸ゼミ3回生の笹本です。

 

1月14日の活動報告です。

 

参加者

3回生:笹本 市村 斎田 松浦 吹戸 祇園 横井 上杉 三木

4回生:蟹江

 

活動内容

 高山用水奥の竹林整備

 ハイキングコースに続く道の整備

 原木の伐採

 

最近はぬるい冬が続いております。

手先だけが冷えて芯からは冷えないような寒さといった感じでしょうか。

もちろん自分の感覚ですので、ほかの人がどう思っているのかはわかりませんが。

もう少し寒いほうが冬だということをまさに肌で感じることができそうです。

 

本日は高山用水側の整備を中心に活動しました。

冬には農事はほとんどないので、ひたすら山側の整備です。

昨年は手を付けられなかった奥の広場の整備に向けて、その手前の道を狭めている

竹を刈り取ったり、そこに生えている草を刈ったりしました。

こちらがため池へと続く道の整備の写真です。

奥に移っているのは岸さん。

こちらはその道の手前に繁茂していた竹や笹を刈りとっている様子です。

奥にいるのは自分です。

 

 

ここで刈りとった笹・竹はいつものように燃やす!

冬の恒例の作業ですね。

こちらは上杉と祇園です。

 

この燃やす作業が冬は本当に必要です。

手先が冷えるといってもやはり冬ですから寒いことには変わりはない。

そこでここに刈り取った草を燃やしておくことで、熱源が確保できる。

ここでみんながあったまることができるというわけです。

逆に夏にこの作業をやったら一種の修行・苦行にまで発展しかけないということです。

ただでさえ暑い夏にもっと熱くなる。

あなおそろしや。

 

そんな熱を使ってできることは温まることだけではないです。

とれたてのシイタケを焼いて食べることもできる。

新鮮そのものですからね。そりゃあうまい。

ただ焼き方はしっかりしたほうが良かったですね。

自分のものは寒さに乾燥して、表面が乾いてしまっていましたが、うまみは

とてもありました。

きのこといえば、また後日のブログに書くと思いますが、3月16日に三山木で菌打ちイベントをする予定です。詳細はのちのブログで。

 

原木の伐採は上の菌打ちイベントのために榾木を確保するために伐採しました。

ただこの伐採は自分がいなかったので写真はございません。

今年で切った木は4本目だったか。過去のブログを確認するともっと切っている。

 

そして、最後に。

猪が罠にかかっていました。

罠の場所は高山用水南側に設置している場所にかかりました。

ここ最近は全くかからなかったので、今後はいることはないのかなあとかんがえていたところに入っていました。

大きさは以前ブログにあげた大人の猪ほどの大きさでした。

性別などは聞き忘れましたが、体重はどれくらいでしょうか?60キロほど?

本当にしっかりした猪でした。

 

以上、活動報告でした。

最後までありがとうございました。

 

おまけ

吹戸がとった夜の炭の写真です。

(ちゃんと消火しましたのでお安心を。)